オーガニック化粧品とはどんなもの?

意外と知らないオーガニック化粧品

オーガニック化粧品という物を目にする機会が多くあり、その名前から自然成分のみでできた肌に優しい化粧品のイメージがありますが、実はオーガニックと言っても添加物などが含まれているものでもオーガニックと言えたり、意外とその定義が曖昧であったりします。

hsoh

オーガニック化粧品という物が本当はどのような物なのかを正しく知ることで、自分に合った化粧品を見極めて肌のお手入れに役立てていくことが大切なのです。

オーガニック化粧品とは

そもそもオーガニック化粧品とは、無農薬や化学肥料を使わないで育てられた植物由来の成分が配合された化粧品のことを差していて、日本ではその成分が少しでも配合されていればオーガニック化粧品とすることができます。

無添加や天然由来などとうたわれている商品はオーガニックとしていても100%ではなく、オーガニック成分が配合されているという意味で、成分を詳しく見ると普通の化粧品より化学合成物質が多く配合されている場合もあります。

日本にはこのオーガニック化粧品を定義する基準はなく、より純粋なオーガニック化粧品を使いたい場合は海外のオーガニック化粧品の認証を受けた商品を使う事をオススメします。

オーガニック化粧品のメリットデメリット

オーガニック化粧品のメリットはやはり自然の成分が多く含まれているという事です。化学化合物が少ない事で肌への刺激が少なく、肌本来の治癒能力を高め自然にキレイな肌になるための手助けをしてくれます。普通の化粧品のように強制的に化学化合物の美白成分や保湿成分を肌から吸収させるようなことがないので、肌本来の美しさを引き出すことができるのです。

しかし、デメリットもあります。より純粋なオーガニック化粧品なほど保存料なども省いていることがあるので、痛みやすく早く使いきることを心がけたり、保存するために冷蔵庫で管理したりするなどの気づかいが必要です。

自然の物を使用しているので普通の化粧品より使用感が悪くなることもあり、少し物足りなさを感じることもあるかもしれません。しかも、オーガニックだからと言ってアレルギーが出ないとは限りません、特に元々アレルギーを持っている人は成分によって化粧品でアレルギーを起こしたり、酷くなったりする場合があるので注意が必要です。